2016年 09月 18日

ローライコードが好きな理由

一人でも多くのフィルムファンとローライコードファンが増えることを願って。。。
c0292795_20550771.jpg
ローライフレックスも良いけど、個人的にはローライコードが好き。

理由1:価格
同世代のローライフレックスから便利機能だけを省いた設計。
写りは本物なので、このカメラのコスパは最高だと思う。
中古品参考価格
Rolleicord Vb : 3〜9万
Rolleiflex 2.8f : 15〜25万
Rolleiflex 3.5f : 10〜20万
Hasselblad 500C/M : 5〜10万(ボディーのみ)
Hasselblad 503CX : 10〜15万(ボディーのみ)

理由2:携帯性
使ってみて分かったことの一つに、携帯性の良さがある。
中判カメラは大きく重い印象があるが、このカメラは想像より軽く機動力がある。
また、そもそもレンズが固定の二眼レフを選んでいる時点で
「寄る&引く」は足でかせぐことを覚悟しているので、
一眼レフのように交換レンズを持ち歩く呪縛から解放される。
参考重量
Rolleicord Vb : 940g
Rolleiflex 2.8f : 1220g
Hasselblad 500C/M : 1390g
LEICA M4 + M Summicron 50/2 : 860g
LEICA Ⅲf+ L Summicron 50/2 沈胴:635g
ちなみに私がいつも使っているD7000 + Carl Zeiss Distagon T* 2/35 は1290g

理由3:レンズ
Rolleiflexはプラナーとクセノターの2種類があり、
2.8fは80mm、3.5fは75mmが付いている。
Rolleicord Vbはクセナー75mmのみ。
ここから先は好みの問題ではあるが、
言わずと知れた名門ツァイスを選ぶか?
それともシュナイダーを選ぶか?
私はシャープでコントラストの高いシュナイダーが好みだ。
また、f2.8を選ぶかf3.5を選ぶか?
私は明るさを少し犠牲にしてでも、ホールド感を重視したい。
2.8fの大きなレンズは少しフロントヘビーだから3.5fを選ぶ。
画角は微妙だが、普段使いとしては5mm広角の75mmが使いやすい。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-18 19:17 | 写真の事


<< 八尾西武が2月で閉店するらしい。      足立音衛門のパウンドケーキ >>