カテゴリ:エアプランツ( 12 )


2016年 09月 25日

朝早く目が覚めて

日曜日というのにいつもの時間に目が覚めてしまった。今リビングで私の定位置から見えるウスネオイデスを逆光の世界で眺めている。
c0292795_06554459.jpg

小鳥たちもチュンチュン鳴いている日曜日の朝。もう一度寝ようと考えてながら、ボーッとしている。

人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-25 06:40 | エアプランツ
2014年 06月 15日

コットンキャンディー 流木へ固定

c0292795_14155868.jpg
花も咲き終わり、子株も出始めたので、今日は流木へ固定してみた。
古い根が残っていたので、それを流木のへこみに差し込んで瞬間接着剤で固定た。
これがやってみると以外と難しく、いい感じに固定するのにかなり苦戦した。
おかげで朝から手が接着剤だらけになり、接着剤と流木の粉が親指こびりついて真っ黒。
かなり気持ち悪い状態になった。そこからそれを取り除くのに一苦労。
妻に「40℃ぐらいのお湯でこするととれる」と聞いたので、
洗面台でお湯に手を浸して地道にこする事30分。。。
無事何とかとれたが、「スーパーの特売品がなくなるから早く!」と叱られる始末だ。

出来れば根元を水苔で覆いたかったが、
手持ちが無いのでとりあえずそのまま様子を見たいと考えている。
また新しい根が出て流木に着生し、大きなクランプになって欲しい。



写真(植物・花) ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2014-06-15 15:00 | エアプランツ
2014年 05月 31日

コットンキャンディー 子株発見

3月30日のブログで開花の写真を載せてから2ヶ月経つが、今度は根本の部分に子株を発見した。
よく子株を出す品種なので、このまま子株が増えてクランプになるのを期待しています。
c0292795_22051718.jpg
※クランプ(Clamp)
 株立ちのこと。複数の子株によって1つの株ができている状態を言う。
 チランジアを長期栽培している場合、美しいクランプを作る事は栽培の醍醐味であり目標でもある。
 ただし全てがクランプになるわけではなく、品種によってはクランプを作らないものもある。



写真(植物・花) ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2014-05-31 22:24 | エアプランツ
2014年 05月 30日

フクシーグラシリスのその後

c0292795_22023732.jpg
2週間ほど前から徐々に花が咲いて、そろそろ最後の花が開花している感じだ。
この後はどうなるのか?観察し続けたい。



写真(植物・花) ブログランキングへ

English Version
[PR]

by yagumonochrome | 2014-05-30 22:10 | エアプランツ
2014年 05月 18日

フクシーグラシリス開花始まる。

c0292795_07591514.jpg
T.Fuchsii f glacilis
フクシーグラシリスの開花が始まった。
エアプランツの図鑑で見たフクシーの花は濃い紫色だったが、
我が家のフクシーの花は薄紫色だ。
太陽の光が足らないのかもしれない。と言う事で今日は日光浴してみようと思う。

[PR]

by yagumonochrome | 2014-05-18 08:11 | エアプランツ
2014年 04月 12日

植物男子ベランダー!!!

c0292795_10185659.jpg
草食系男子はもう古い? 時代は植物男子!?


植物男子ベランダー
”植物を育てる事がポップで、時にだらしなくて、笑えて、とても深くて新しくて、同時に千年単位でものを考えるのに役立つ事を、二十一世紀のテレビが教えてくれるなんて素敵な事だと思います。皆さんもお楽しみください。原作者より”(上記リンク→原作者からのメッセージ から引用)

[PR]

by yagumonochrome | 2014-04-12 10:23 | エアプランツ
2014年 03月 30日

チランジア コットンキャンディー 開花

c0292795_01072306.jpg
Cotton Candy(コットン キャンディー)
非常に可愛らしい名前と丈夫で育てやすく初心者にもおすすめと言われる品種。
ストリクタ×レクルヴフォリアの交配種と専門書にあるので、野生ではなく観賞用に生み出されたと思われます。
見ての通り非常に美しい花を咲かせるので、見ているだけで気分が上がります。
ここでエアプランツの花について少し説明すると
外側のピンクに見える部分は花ではなく花苞と呼ばれる部分で、
その奥にある小さな紫色の部分が実際の花です。アングル的にこの写真では分かりにくいですが。。。
地味な印象のエアプランツですが、実はこのように花を咲かせる品種も多い。
今回は黒バックで図鑑みたいに撮ってみましたが、いかが?




[PR]

by yagumonochrome | 2014-03-30 01:28 | エアプランツ
2014年 03月 13日

もうすぐ開花?

今日は浜松出張だった。途中もの凄い雨で大変だったけど、無事我が家まで生還!
最近お気に入りのエアプランツも気温が上がってきたので、もうすぐ開花?の兆し。
c0292795_20064074.jpg
紫色のつぼみが見えている。

[PR]

by yagumonochrome | 2014-03-13 20:11 | エアプランツ
2014年 03月 03日

エヤープランツじゃなくてエアープランツ?

妻がブログをチェックしているらしく、「エヤーじゃなくてエアープランツやで〜」と指摘してきた。カタカナ難しい。。。
なんか悔しいので昨日までのエヤーもそのままにして、今日からエアープランツネタでUP!

これキセログラフィカ(う〜ん、カタカナ打つのなんか緊張する。)と言います。大型品種ということもありチランジアの王様とも呼ばれています。産毛のようなトリコームで覆われた銀白色のカールした葉が特徴です。ミスティングは週1〜3回(季節により異なる。)ソーキングは月1回と言われていますが。。。セオリーを無視して、ミスティングなしの毎週短時間ソーキングで管理しちゃってます。何とか今のところは問題なさそうです。でも油断は禁物で、去年の夏に別の品種でバラバラ殺人事件が起きたので(やったことある人は分かりますよねー)今年は慎重に管理したいと思います。
c0292795_20243705.jpg

[PR]

by yagumonochrome | 2014-03-03 20:31 | エアプランツ
2014年 03月 02日

エヤープランツ アンドレアナ

最近グリーンにハマり中で、特にエヤープランツを見かけると買ってしまう。
そして、またまた仲間が増えました。
c0292795_20154852.jpg
一番右の細い葉が沢山のものがアンドレアナ。条件が合えば成長し赤い花をつけるようです。
北米南部、中南米原産で低温には弱いそうですので、温度には気をつよう。


[PR]

by yagumonochrome | 2014-03-02 20:30 | エアプランツ