Sunny 16 rule !(ニコン、ローライ、ポラロイドな日々)

yagumonoch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:写真の事( 96 )


2016年 11月 13日

ローライコードの使い方を考える。(Pocket Light Meter)

c0292795_17581562.jpg
Rolleicord Vb + Fuji Pro 400H

今日はデジタルだけ使ってる人にとっては「何それ?」の世界だけど、
フィルム使ってる人には共感してもらえると思う話題を。

露出を測るときに大きく分けて2つの方法がある。それは入射光or反射光である。
被写体に届いている光を測るか?被写体から反射してカメラに届いている光を測るか?

反射光式といえばTTL測光(カメラ内臓の露出計)が一般的だが、
もう一つ、単体の反射光式で「スポットメーター」という露出計がある。
私はほとんどの撮影を入射光式だけですませちゃう。
(理由は被写体の色とか逆光などのシーンに引っ張られないから)
ちなみに、仕事で写真やってた時からずーっと(20年間ぐらい?)使っているのがこれ。
でも、風景を撮影しているときにスポットメーターが欲しい時がある。
上の写真のようなシーンで、空と雲の間ぐらいの狭い範囲を測って
意図的に建物をツブして空の色を残すような露出を探りたい。
そんなときに便利なのがスポットメーターなのだが、今更高価なスポットメーターを入手するのもなんだし、
とても悩ましい。
そこで、初めてiphone アプリを使ってみた。
これかなり使えます。
EV100のところに表示されているのが、=LV値と考えればローライコードでも使いやすい!
c0292795_18392808.png
色温度とか絞り、シャッタースピードをログとして保存できたり、
それらのデータとスクリーンショットをDropboxで共有できたり、とても便利。
広告が表示されるのだけを我慢すれば一応無料。

ここまでするんだったらデジタルで撮れば?という声が聞こえてきそうだけど。。。




人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-11-13 19:00 | 写真の事
2016年 09月 29日

ペンタックスSP-Fがやってきた。

先日カメラを頂いた。
会社のデスクに入れっぱなしにしていたようで外観に少しカビもあったが、
アルコールで擦ると綺麗になり新品同様の姿に。
c0292795_22372322.jpg
Nikon New FM2 + Ai Nikkor 35-70 で撮影

アサヒペンタックス スポットマチック f。
レンズはSMC TAKUMR 1:1.8/55
実はシャッターを切るとミラーアップしたままになる不具合があったが、
底面の蓋を開けて、歯車やシャフト受け軸部分にCRC(クレ556)を少量つけると快調に動き出した。
このカメラはM42マウントで、お手頃価格の銘玉がたくさんある。カメラ好きにはとても危険な存在だ。
ペンタックス以外にもカールツァイスのフレクトゴンとかウルトロンとか、
フランスのアンジェニュー、旧ソビエトのインダスター。。。
M42星雲として紹介しているサイトもあったような。
またレンズの沼に落ちそうな予感。やばい。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-29 23:09 | 写真の事
2016年 09月 28日

フィルムで撮るので情報が遅れる。のが良い。

スマホやタブレットで撮った写真をインスタやツイッターですぐに全世界へ配信できる時代に、
フィルム撮影→現像→スキャン→パソコンでブログUPでは遅すぎる。。。
でも、その時間差でちょっと笑っちゃう時もある。
c0292795_21483443.jpg
撮った時は完全に滑ってたけど、時間差で見ると少し笑える。
仕事で嫌なことがあった時はこの投稿を見返すようにしよう。
世の中はこんなに平和なのに、何をくよくよ悩んでるんだろう?と思えるから。



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-28 21:50 | 写真の事
2016年 09月 26日

月は思ったより小さく写る。

月を撮ったことがある人はよく知ってると思うけど、普通に撮るとこんな感じ。
c0292795_20242141.jpg
Nikon New FM2 + Ai Nikkor 35-70 + SUPERIA Venus 800

でも、イメージはこのくらい。
c0292795_20534040.jpg
Nikon F4s + SIGMA 18-35mm f3.5-4.5 / Nikkor 70-210mm f4-5.6 + RVP(多重露光)



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-26 21:11 | 写真の事
2016年 09月 24日

大は小を兼ねる? センサーサイズの違和感

c0292795_21042698.jpg
Nikon New FM2 +Ai Nikkor 35mm-70mm(フィルムサイズ:24mmX36mm)

写真をフィルムで覚えた身としては、
最近のセンサーサイズを昔のフィルムサイズに置き換えて考えてしまう。
私にとってフルサイズ(ニコンで言うFX)はフィルムの35mm(通称サンゴ)
まぁこれは良いとして、
フィルムのAPS(16.7X30.2)とセンサーサイズのAPS-C(15.7X23.5)はやっぱり違う。
ちなみにフィルムのハーフサイズが16X24なので、APS-C(ニコンで言うDX)はこっちに近い。

巷ではセンサーサイズと画質や高感度特性の話が出るが、私はここに違和感を覚える。
今こそ私が声を大にして言いたいのが、フォーマットとレンズの関係だ。
よく35mmレンズをAPS-Cで使うと標準レンズ(35mm換算で50mm)と言われる。
これはあくまでも画角だけの話であって、そもそも35mmと50mmは焦点距離の異なる全く別のレンズである。
私の好きなローライコードには75mmが付いているがこれもまた35換算41mmの標準レンズだ。
画角だけで言うとD7000にDistagon 2/35をつけた時とローライコードを比べるとローライコードが広角になる。
でも、75mmの方が35mmより焦点距離の長い望遠レンズであることは間違いない。
いわばローライコードのレンズは標準画角の中望遠レンズというとこである。

写真に関しては大は小を兼ねない。
それぞれのサイズにそれぞれの組み合わせと味があり、
そのサイズでしか撮れない瞬間があるのだと思う。
写真って深いな〜



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-24 22:45 | 写真の事
2016年 09月 21日

カラーネガ特有の柔らかい描写が好き

昔はポジが好きだったけど、デジタルカメラを併用し始めてからネガが好きになった。
c0292795_17413941.jpg
八尾西武にて

ネガは低コントラストで彩度も低めなので、仕上がりを見ていると癒される。
この写真のように少しフレアを入れたりするのもよく似合う。
最近の新しいカメラとレンズだと解像感も高くレンズのコーティングも良いので、
こんな表現は難しく、狙ったとしてももう少し透明感が出ちゃう。
今のデジカメだと普通に撮ってから”フォトショップで加工”みたいな方法になってしまうが、
パソコンに向かって長時間そんなことをやってると、ちょっと興ざめ。。。
そもそもデジタルはなんでも思い通りにできるので、
仕上がりを他人に見せて「どうだ!すごいだろ!」みたいなことには非常に向いている。
でも、自分で造りこんだ写真を見て感動する為には、技術とは別の部分を見る必要がある。
技術は道具として駆使するけど、そこを見ちゃいけないのがデジタルの世界だと思う。

フィルムでの写真は撮る人、現像する人、プリントする人がいて、
それぞれの仕事を尊重しながら一つの作品が出来上がる。
(もちろん、全部自分でやる人もいるけど。。。)
多分私は、カメラやフィルム、他人の技術を介して
それぞれの想いが水中で(正確には現像液中で)
像とともに浮かび上がることに惹かれていると思う。
そこには自分への「すごいだろ!」ではなく、
他人への「写真ってすごいね!」の世界観がある。



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-21 18:55 | 写真の事
2016年 09月 18日

ローライコードが好きな理由

一人でも多くのフィルムファンとローライコードファンが増えることを願って。。。
c0292795_20550771.jpg
ローライフレックスも良いけど、個人的にはローライコードが好き。

理由1:価格
同世代のローライフレックスから便利機能だけを省いた設計。
写りは本物なので、このカメラのコスパは最高だと思う。
中古品参考価格
Rolleicord Vb : 3〜9万
Rolleiflex 2.8f : 15〜25万
Rolleiflex 3.5f : 10〜20万
Hasselblad 500C/M : 5〜10万(ボディーのみ)
Hasselblad 503CX : 10〜15万(ボディーのみ)

理由2:携帯性
使ってみて分かったことの一つに、携帯性の良さがある。
中判カメラは大きく重い印象があるが、このカメラは想像より軽く機動力がある。
また、そもそもレンズが固定の二眼レフを選んでいる時点で
「寄る&引く」は足でかせぐことを覚悟しているので、
一眼レフのように交換レンズを持ち歩く呪縛から解放される。
参考重量
Rolleicord Vb : 940g
Rolleiflex 2.8f : 1220g
Hasselblad 500C/M : 1390g
LEICA M4 + M Summicron 50/2 : 860g
LEICA Ⅲf+ L Summicron 50/2 沈胴:635g
ちなみに私がいつも使っているD7000 + Carl Zeiss Distagon T* 2/35 は1290g

理由3:レンズ
Rolleiflexはプラナーとクセノターの2種類があり、
2.8fは80mm、3.5fは75mmが付いている。
Rolleicord Vbはクセナー75mmのみ。
ここから先は好みの問題ではあるが、
言わずと知れた名門ツァイスを選ぶか?
それともシュナイダーを選ぶか?
私はシャープでコントラストの高いシュナイダーが好みだ。
また、f2.8を選ぶかf3.5を選ぶか?
私は明るさを少し犠牲にしてでも、ホールド感を重視したい。
2.8fの大きなレンズは少しフロントヘビーだから3.5fを選ぶ。
画角は微妙だが、普段使いとしては5mm広角の75mmが使いやすい。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-18 19:17 | 写真の事
2016年 09月 15日

リコーオートハーフの続き

本能の赴くままに撮るべし!
c0292795_21361462.jpg
c0292795_21402069.jpg
Lomographyの「10ゴールデン ルール」っうやつがある。
写真を撮る時は「 Don't Think, Just Shoot 」で!!!



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-15 21:50 | 写真の事
2016年 09月 12日

ハーフカメラの魅力

フォーマットが小さいということは、画質が悪いということ。
最近のカメラだと、画質が悪いカメラはほぼ皆無なので逆に新鮮。
c0292795_22194445.jpg
鮮明ではないから表現できることもある。
本当のことはこんな写真に写っているかもしれない。

だから今日もこの奇天烈なカメラに魅了される。
横に構えると縦に写る。ゼンマイ仕掛けの自動巻き上げ。
セレン露出計付きのフルオートカメラ。
このカメラの前ではあらゆるテクニックが無用の長物。
その名は「リコーオートハーフ」



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-12 22:46 | 写真の事
2016年 09月 10日

ローライコードの使い方を考える。(被写界深度と被写体ブレ編)

以前の記事では(ローライコードの使い方を考える。(露出編)
露出計を使わずにLv値を合わせる方法をご紹介したが、あくまでもこの使い方は「メーター忘れちゃった!」などの緊急対応だ。
実は私も普段は(ブログのタイトルに反して。。。)露出を決めるためにミノルタのフラッシュメーターを使ってる。

で、今日は写真の面白さの一つである「ボケ(またはパンフォーカス)」や「ブレ(または動きを止める)」テクニックに関して
メーターを使った方法をローライコード的に考えたいと思う。
(被写界深度とは?みたいなところは長文になりすぎるのですっ飛ばしちゃいます。すみません。)

では
とりあえず露出を計る。例えばこんな感じ。
c0292795_20532259.jpg
一般的な露出の決め方は、ISO400でf1.48(f2 1/3開け)シャッタースピード1/30みたいな感じですが、
私の場合は、最初からEv=Lvと考えて、Ev値のみを計ります。そうすると出て来る数値は1つだけ!
c0292795_20574247.jpg
そしてシンプルにEv=Lvと考えてそのままLvのレバーをレンズ側へ押し込みながら回転させて合わせる。
c0292795_20524848.jpg
(この写真はLv=18に合わせていますが、数字を見せるためにレバーを下げてます。メーターの出た目だと実際にはLv=7に合わせます。)
基本的に露出の決定はこの作業のみです。
絞り値とシャッタースピードをそれぞれ設定するような一般的なマニュアルカメラの撮影より、Lv値のみを意識した撮影はすごく操作がシンプルです。

さて、ここからが今日の本題です。
ローライコードはLv設定レバーを押し込まずにレバーを動かすとLv値を変えずにf値とシャタースピードの組み合わせを変更できます。(機構上反対側のレバーと連動して動くので、両方のレバーをつまんで同時に動かすのが操作的には安全です。)Lv値を変えないということは適正露出を保ったままf値とシャッタースピードの組み合わせを変えれるということ!
c0292795_20525886.jpg
左側の窓にfとtが表示されています。(写真はf=5.6、t=1/125です。Lv=12の場合です。)
例えばEv=Lv=12の場合、レバーを押し込まないで回転させるだけで、
Lvレバー最上部(反対側のレバーは最下部)では、f=4 t=1/250
Lvレバーを1クリック下げると、f=5.6 t=1/125
さらに1クリック下げると、f=8 t=1/60
そこからさらに1クリック下げると、f=11 t=/30

これはまさにプログラムシフトなのです。
もうお分かりでしょう!
つまりメーターの出た目がEv=12であれば、Lv=12に合わせる。
ボケが必要であれば、レバーを押し込まないで上へ上げる。(反対側のレバーは同時に下がる方向。)
深い被写界深度が必要であれば、レバーを押し込まないで下へ下げる。(反対側のレバーは同時に上がる方向。)
動きを止めたい時はボケが必要な時と同じ操作、
反対にブラしたい時は深い被写界深度が必要な時と同じ操作でOKなのです!

ローライコードはフルマニュアルカメラであありながら、
このようなシンプルな操作で様々な表現を瞬間的にコントロールできる
非常に優れたカメラなのです。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2016-09-10 22:36 | 写真の事