Sunny 16 rule !(ニコン、ローライ、ポラロイドな日々)

yagumonoch.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SX-70 ( 28 ) タグの人気記事


2014年 09月 06日

最近流行のディスキディア

我が家にも最近流行のディスキディアがある。
c0292795_18051076.jpg
SX-70 + PX70 color protection

最初に買ったものは1ヶ月ぐらいで枯らしてしまった。
理由は根腐れだった。
今度は慎重に水やりしながら2ヶ月が過ぎた。
なんとかいつまでも元気でいてほしい。

ちなみに、本日のポラもピンクかぶりだ。
今回使ったフィルムは現行品ではなく旧タイプなのですが、
現在は「color film for SX-70」の名前で新タイプが発売されている。
今カメラに入っているフィルムが無くなれば、新しいフィルムも購入してみたい。
それと久しぶりにSpectraも使ってみようかなとも考えている。
こちらの新製品は「color film for 600」として新タイプが発売されている。
ポラロイドはフィルムが高価なので私のような庶民が使い続けるにはそれなりの覚悟がいるが、
フォトラマタイプ(チェキなど)には無い独特の味わいがあるので、非常に気に入って使い続けている。
現代のデジタル旋風の逆風に負けずに、いつまでフィルムの製造を続けてほしい。
IMPOSSIBLE ONLINE STORE



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by yagumonochrome | 2014-09-06 18:31 | 植物男子
2014年 07月 23日

ポラロイドの仕上がり比較

昨日はポラの色がピンクになると夏を感じると書いたが、
どのくらい色が違うか比較してみよう。
(写真の大きさが違うのは気にしないでね。)
c0292795_20091891.jpg
2014年7月21日
c0292795_21251069.jpg
2013年12月29日

そもそもスキャン時の「カラーバランスが違うじゃん!」と言う声が聞こえそうだが、
その辺の違いを差し引いても全然違うのは分かると思う。

参考までに撮影時の気象情報を調べてみた。
※いずれも現場ではなく、「大阪」のデータとなります。
2013年12月29日13時頃:気温7.3℃ 湿度39%
2014年7月21日14時頃:気温31.6℃ 湿度52%

なぜ、ポラの発色が気温と湿度の影響を受けるかと言うと。。。
それは露光直後から常温&自然湿度条件下で現像がスタートするから。
気温と湿度は現像条件そのものなのだ。
いや〜化学反応は奥が深い!

詳しくはコチラ→Film / Impossible Tokyo KK




人気ブログランキングへ


[PR]

by yagumonochrome | 2014-07-23 20:49 | 写真の事
2014年 07月 21日

ポラロイドの仕上がりがピンク色になると夏を感じる

少し前に夕焼けを撮る時に新しいフィルムを冷蔵庫から出してカメラへいれた。
撮影後フィルムを6枚残してリビングに常温で置いたままにした。
そして昨日使ってみると全く違う発色になっている。
最近の暑さと湿度で発色が変化した。
c0292795_20094122.jpg
昨日京都からの帰りに撮影。撮影場所は京都駅付近。ちなみに夕焼けではない。

c0292795_20080269.jpg
こちらは今日撮影

この予測不可能な発色がとても楽しい。
昨年の夏は色が変わる理由が全く分からず戸惑ったが、今年は経験済みで想定内だ。
発色の安定したフォトラマもいいが、個人的にはやはりポラロイドの暴れ方が好きだ。



ポラロイドカメラ ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2014-07-21 20:40 | 写真の事
2014年 07月 13日

今日も再びポラロイドの話

c0292795_20580652.jpg
7月12日撮影(近所のドンキホーテ屋上からの景色)

昨年の夏からポラロイドを使いだして1年が経った。
最初は元々所有していたスペクトラの復活から始まり(PZ680 Color Protection 購入)、
その後SX-70を購入し(SX-70 First Model ゲット!)現在に至る。
使えば使うほどこのカメラとフィルムの魅力に取り付かれている。

時代とともに人々の好みも変化し、新しく生まれる物もあれば消え去るものもある。
残念ながら本当の存在価値とは無関係に世の中から消えてなくなる物も多くある。
ポラロイドフィルムも一度は生産を断念したが、あるオランダ人たちの夢と執念で復活を遂げる。
説明すると長くなるのでIMPOSSIBLEのカッコいいサイトで見てね!→PolaroidTM Classic Cameras

本当に良い物は絶対に残すべきである。
しかしデジカメ全盛期の現在においては
デジタルデバイス以外が生き残ることだけでも大変な労力が必要な事も事実である。
しかし、時に信念は時代を動かす力を持っている。
IMPOSSIBLEプロジェクトはそれを実際に証明しようとしている。

SX−70のシャッターを切るたびに「世の中に不可能なんて無い!」と言う事を
教えていただいている気持ちになる。



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2014-07-13 22:32 | 写真の事
2014年 07月 12日

今日は夕焼けがキレイだった (SX-70)

買い物に行く途中に車を止めて撮影した。
カンナの花のシルエットが美しかった。
c0292795_22151916.jpg
高圧線の鉄塔+燃えるような夕焼け+花のシルエット
都会に暮らしていても日々カメラを持ち歩くことで、印象的なシーンに出会える。
何となく過ごすと何も実感することのない普段通りの風景のなかにも、
かけがえの無い特別な風景と時間がある。
そんな事をカメラはいつも気付かせてくれる。
写真を撮るという事は、心にゆとりがあると言う事だと思う。
「速く!」とか「急げ!」と追い立てられて過ごす現代社会だからこそ、
休日くらいはこんなゆっくりした時間を大切に過ごしていきたい。



人気ブログランキングへ
[PR]

by yagumonochrome | 2014-07-12 22:50 | 写真の事
2014年 05月 24日

SXー70に夢中(わたしのお気に入り)

昨年の夏にSX−70を導入してから写真とのつきあい方が変化した。
c0292795_10432960.jpg
「全ての時間を特別な時間に変えてしまうマジックカメラだ。」は大袈裟ではない。
c0292795_23012973.jpg
実はこの「マジックカメラ」の言い方はLIFEの表紙から頂きました。
c0292795_20334067.jpg
このカメラの撮影作法は以下のとおり。
1)まず心が動いて「撮りたい!」と思う。
2)気分に合わせて白&黒のダイヤルを回す。
 「白→明るく、黒→暗く」の感じで調整。
3)ファインダーを覗きながら右手でダイヤルを回しピントを合わせる。
4)赤いボタンを押してシャッターを切る。
5)フィルムが正面から飛び出してくるので、急いで露出面を手などで覆い遮光する。
6)遮光したまま待つ事数十分。現像が完了し画像が浮かび上がる。
7)構図がずれたり、露出が外れたり、色が思った感じではなかったりするが、
 大きな心で受け入れる。

このカメラは一般的に撮影技術を学ぼうと考えている人が
基準にしているルールに逆行している。
露出はオートのみだが、補正は+1段とかでは無い。
「何となく白いほうに2目盛りぐらい」となる。
シャッタースピードの表示もシボリの表示も無いので、
シャッターを切る前にシャッタースピードを予測できない。
例えば、「ハイキーにしたい」と思いダイヤルを白い方に回す。
ピントを合わしシャッターボタンを押す。
そして、
「バコッ」(ミラーが上がる音)
。。。。。。(1秒ぐらいの沈黙)
「ウィーン」(フィルムが排出される音)
当然予想外のスローシャッターでボケボケ&ブレブレになる事は日常茶飯事だ。

とにかく、f値がどうだとか、ボケ味がどうだとか、
ハイスピードシャッター秒間何コマで連射とか。。。
そんなんことはもうどうでも良い感じがとても素敵な撮影方法なのです。
思うがままに自由に撮る。仕上がりを見て発見がある。
自分がカメラを支配するのではなく、
カメラから写真を教わっている感じがたまらない。
そんな魅力的なカメラがSX−70なのです。



[PR]

by yagumonochrome | 2014-05-24 08:45 | 写真の事
2014年 04月 29日

北浜アリーにて

玉藻うどんが北浜アリーの近くだったので行ってみた。(行ったのは昨日ですが。)
北浜アリー
c0292795_21310552.jpg
c0292795_21313988.jpg
c0292795_21321443.jpg
ノスタルジーな雰囲気とポラの感じが合うなー。
c0292795_21221855.jpg
c0292795_21205219.jpg
色々見て回って疲れたのでお茶でも。
c0292795_19203345.jpg
c0292795_19212826.jpg
c0292795_19222801.jpg
c0292795_19250162.jpg
最後に雑貨とタルトで高松満喫のゴールデンウイーク前半終了となりました。

[PR]

by yagumonochrome | 2014-04-29 21:45 | 旅の記録
2014年 04月 13日

ポラロイドの現像ムラ

c0292795_09331621.jpg
 僕は美しい夕焼けに向かって車のハンドル越しにシャッターを切った。バコッ、ウィーン。いつものようにSX70は大げさな快音を鳴らしながら一枚の写真をカメラの外へ排出した。ポラの現像完了まで40分。そんな緩やかな時間に最近いろいろ考え事をする。

 生まれてから今までいったい何枚撮ったのか。多分、数万カットは下らない。そんな膨大な量の写真を撮る意味はなんなのか?そもそも僕はなぜ写真を撮ろうとするのか?何がエネルギー源なのか?
 僕の心が震える時2つのパターンがある。1つはインプット型。良い音楽を聞いた時、良い映画を見た時、キレイな風景を見た時、美味しい物を食べた時、ためになる話を聞いた時、本を読んで「なるほど!」な時、などなど。ただこのインプット型だけでは何かが違う。何かが足りない。そこで、もう1つは自分が主役のアウトプット型。苦労して獲得した新規得意先の売り上げが伸びて達成感を感じたり。仕事でミスをして悩んでやけ酒飲んでみたり。学生時代でも受験や就職、恋愛などでバラ色の人生を夢みてみたり、夢破れ涙したり。子供の頃までさかのぼると、少年野球の決勝戦でサヨナラホームランを打ったり、反対に自分のエラーで負けたり。全てこれらは、自ら外の世界に働きかけた結果として得られた感動だ。そしてこれらアウトプット型の感動はものすごく個人的な事なので、他人から見れば全く感動的なはずも無く、身近で非常にシンプルな日常である事がほとんどだ。

 「そろそろ、30分ぐらい経ったかな?」現像を安定させる為に体温で温めていたポラロイド写真をポケットから取り出す。
真ん中に帯状の現像ムラが現れていた。「あー、ポケットで折れてたかな。。。」僕はこの失敗写真を捨てる事無くカバンに入れて持ち帰った。偶然得られたリアルな写真の証明としての現像ムラも全て含めて僕にとっては大切な”今”なのだ。僕のような才能の無い凡人は、考え続ける為にアウトプットし続けるしか無いと。撮り続けるしか無いと考えている。所詮インプット型だけでは満足できない性分なのだから。

[PR]

by yagumonochrome | 2014-04-13 12:57 | 写真の事
2014年 04月 12日

植物男子ベランダー!!!

c0292795_10185659.jpg
草食系男子はもう古い? 時代は植物男子!?


植物男子ベランダー
”植物を育てる事がポップで、時にだらしなくて、笑えて、とても深くて新しくて、同時に千年単位でものを考えるのに役立つ事を、二十一世紀のテレビが教えてくれるなんて素敵な事だと思います。皆さんもお楽しみください。原作者より”(上記リンク→原作者からのメッセージ から引用)

[PR]

by yagumonochrome | 2014-04-12 10:23 | エアプランツ
2014年 03月 01日

久しぶりにポラロイド

先週の京都の帰りに、恵文社一乗寺店によって帰った。叡山電鉄はノスタルジーで好きなので、カメラを持っているといつも撮ってしまいます。
c0292795_23042108.jpg
最近、ダイモとポラのコラボも気に入っている。
c0292795_23051344.jpg
早いもので、もう三月ですね。
人生約1,000ヶ月。私の場合はあと500ヶ月ぐらいかな。
一日一日を大切に。



[PR]

by yagumonochrome | 2014-03-01 23:19 | 旅の記録